30歳の冬、毎日午前様帰宅のハードな仕事に加え、往復2時間の通勤距離。ついに物損事故を起こしてしまい、「さすがにこれでは命が危ない・・・」と思い、職場の近くへ引越しを決意しました。

しかし、当時30歳にして貯金ゼロ。親に土下座するも、もともと一人暮らしに反対だった両親は一切顔を向けず、強行突破を決意し、先に物件を決めました。

すると、小さい頃から親代わりで育ててくれた、心優しき叔母が"あんたの頼みなら"と引越し資金を貸してくれると言うではありませんか!!

私がお金を借りたきっかけは、親しい友人の結婚式に参加することになった時でした。

ギリギリの状態でやりくりしていたのですが、結婚式に着ていくワンピースやバッグを揃えなければいけないことに気がつきました。

お給料日まではまだ10日もあり定期も崩すことができなかったため、利用していたクレジットカード(エポスカード)のキャッシングを利用しました。

私は2013年の年末にクレジットカードについているキャッシング機能を使ってお金を借りました。

借りた理由はパチンコをうっており、手持ちの現金がなくなってしまい、まだまだうち続けたかったので、どうしても現金が欲しかったからです。

そのときは銀行のキャッシュカードも無く、近くで急遽お金を借りられそうな人もおらず、現金をすぐに手に入れるにはクレジットカードのキャッシングをする意外に方法を思いつきませんでした。