実家の反対を押し切り始めた一人暮らし。少しだけあった貯金は、敷金礼金でなくなってしまいました。

一人暮らしを始めて3か月ほどは物欲や飲み会を我慢してどうにかなっていましたが、20代前半の女子。やはり飲み会や洋服・美容にお金をかけたいのです。

半年ほど経過したある月の事です。給料日まであと1週間で、1万円しか残っていない状態になりました。外食せずに会社とお家の往復なら、どうにかなりそうな金額ですが、飲み会の約束が入ってました。

現実的に5000円ほど足りない・・・イメージ的にプロミスやモビット等は少し難しそうだったり、審査が面倒なイメージや金額も5万とか10万など大きな金額を借りるイメージだった私は、クレジットカードのキャッシング機能に目が行きました。

これはコンビニATMでお金を引き出すにと同じ要領で、5000円から簡単に現金がかりられます。何より、簡単すぎてお金を借りた罪悪感があまり出ないんです。

その後、何回か足りなくなっては5000円10000円と少し借りて返してを繰り返しましたが、5000円づつの返済ではなかなか完済できず利息が増えるばかりです。

半年後くらいにこれではいけないと思い、本業のほかに、キャバクラで働き、浮いたお金で完済しました。

上手に利用すれば便利なキャッシング機能ですが、計画性が大切ですね。