私は2013年の年末にクレジットカードについているキャッシング機能を使ってお金を借りました。

借りた理由はパチンコをうっており、手持ちの現金がなくなってしまい、まだまだうち続けたかったので、どうしても現金が欲しかったからです。

そのときは銀行のキャッシュカードも無く、近くで急遽お金を借りられそうな人もおらず、現金をすぐに手に入れるにはクレジットカードのキャッシングをする意外に方法を思いつきませんでした。

実際キャッシングをして気づいた事は、一括払いにすれば返済に対しての利子は無く、手数料を引かれるだけなので、小額ならキャッシングを利用する方が人から借りたり金融機関で借りるよりも簡単で気が楽なので良いという事です。

しかし、現金を簡単に借りられてしまうので、最初は2万円だけと決めてキャッシングしたのに、1時間後にパチンコで全て使ってしまって、またすぐにもう2万円だけとちょこちょこキャッシングしてしまい、私のカードの上限が10万円で、すぐその日の内に上限に達してしまいました。

意思が強い方はキャッシングで借りても良いかもしれませんが、私の様な意思の弱い人間はすぐに借りられてしまうので、ギャンブル事でのキャッシングは見境が無くなってしまい、いくらでも借りてしまいます。

借りているときは上限が鬱陶しく、邪魔だと思いましたが、後々になって思う事は上限があって本当に良かったと思っています。